9月27日から29日にかけて、持続可能な建築の実現や普及をめざす世界の研究者、実務家、企業、政府関係者、学生等が参加・運営し、最新の知見や試み、事例等に関して情報交換を行う国際会議「2005サステナブル建築世界会議東京大会(SB05Tokyo)〜地球温暖化防止に向けた世界建築会議」が、下記のとおり開催されました。
 本大会には、80を超える国や地域から1,700人以上が参加し、有識者による基調講演、675件に及ぶ論文発表、SB05Tokyo賞の発表・授与等が行われ、29日に行った閉会式では、参加者によって「SB05Tokyo宣言」が採択されました。

1 期  間 平成17年(2005年)9月27日(火)〜29日(木)
2 会  場 新高輪プリンスホテル 国際館パミール(東京都港区高輪)
3 主  催 国土交通省
4 共  催 建築研究国際協議会(CIB)
国際サステナブル建築環境推進機構(iiSBE) 
国際連合環境計画(UNEP)
5 実施概要
詳細についてはこちら
 

開会式 :主催者挨拶、高円宮妃殿下お言葉 等
基調講演
学術発表 :675編(口頭発表204編、ポスター発表471編)
特別セッション
展示会
閉会式 :SB05Tokyo賞発表、SB05Tokyo宣言、次回(SB08)開催地発表 等

6 別紙資料
   
別紙1(PDF) 分科会の区分 (論文数)
別紙2(PDF) SB05Tokyo賞の受賞者リスト(英語)
別紙3(PDF) SB05Tokyo宣言
別紙4(PDF) 高円宮妃殿下 お言葉

参考写真