PC-1とPC-2については、こちらをご覧ください。

ポストコンファレンスツアー PC-3    9月30日(金)

鎌倉一日   テーマ:鎌倉の寺社とサステナブル建築

鎌倉のサステナブル建築と著名な寺社を見学します
(コースは予告なく変更されることがあります)

集合時間・場所 9:00 国際会議場パミール 玄関前

<サステナブル建築視察>地球環境戦略研究機関(IGES) 
西側に広がる眺望を確保しながらも直射光を遮るライトシェルフと縦ルーバーや卓越風を利用した自然換気システム、屋根面に設けられたソーラーパネル、屋上緑化などさまざまな建築的手法によって、自然エネルギーを積極的に活用した建物。
参考ウェブサイトへ

  <昼食>

<観光>鎌倉大仏阿弥陀如来坐像(国宝)
当初は木造だったが台風で倒壊し、1252年(建長4)に青銅製の大仏の鋳造が始められたといわれている。完成年月日や原型作者などは不明。1498年(明応7)に大仏殿が津波で流されてからは露座になり、大きな礎石だけが境内に残っている。像高は約11.31m、顔だけでも2.35mあり、重さは約121t。

 

<観光>鶴岡八幡宮
1180年(治承4)、源頼朝が鎌倉に本拠地を置いたときに由比若宮を現在地に移し、1191年(建久2)には背後の大臣山[だいじんやま]山腹に本宮を造営して源氏の守護神とした。現在の建物は江戸時代の再建。今も鎌倉のシンボルとして賑わい、特に正月の初詣は全国有数の人出がある。

解散予定時間・場所 18:00 国際会議場パミール 玄関前
 
ポストコンファレンスツアー PC-4    9月30日(金)〜10月1日(土)

関西(京都・奈良・大阪)1泊2日   テーマ:関西のサステナブル建築と寺社

関西(京都・奈良・大阪)のサステナブル建築と著名な寺社を見学します
(コースは予告なく変更されることがあります) 。

9月30日(金)
集合時間・場所

7:30 国際会議場パミール 玄関前

<サステナブル建築視察>大阪ガス(株) 未来型実験住宅NEXT21
21世紀の都市での環境・エネルギー・くらしはどのようにあるべきかを考えるため、大阪市内に建設された実験集合住宅。平成5年10月に竣工、翌年4月から平成11年3月までと平成12年4月から17年までの2つのフェーズ(5年間ずつ)に、実際に居住し、様々な実験を行った。躯体・住戸分離方式によるシステムビルディングやフレキシブル配管システム、燃料電池によるコージェネレーションエネルギーシステム、廃棄物処理やエコロジカルガーデンなど。
参考ウェブサイトへ

  <昼食:弁当(車中)>

<サステナブル建築視察>オムロン(株)京阪奈イノベーションセンタ
素早く組織の姿を変えながら社内外の「協創」を生み出すためのフレキシビリティ、景観・環境との調和をテーマとした研究所。上階に約6、000m2のワンフロアオフィス、下階は実験フロア、中間階にはプロムナード呼ばれるコミュニケーションスペースが配置されている。コ・ジェネ、雨水利用、太陽光発電を導入、オフィスでは床吹出空調、タスク&アンビエントライティングを採用。木々の間から見え隠れする深い庇、様々なスケールのたて格子の重なりは「京・阪・奈」の持つ和のテイストを表現し、周囲との景観調和を図る。
参考ウェブサイトへ

<サステナブル建築視察>国立国会図書館関西館
京都の関西文化学術都市の中心施設として建設された我が国を代表する国立図書館。国際コンペティションで応募総数496作品の中から選出された。建物の大半を地下化し、自然採光、屋上緑化など高度な環境建築を実現した。厳選された仕上材、洗練されたディテールを駆使し、格調高い建築を創出した。
参考ウェブサイトへ

<観光>東大寺大仏殿
本尊毘廬舎那仏[びるしゃなぶつ](大仏)(国宝)を安置する東大寺の金堂。回廊(重要文化財)と中門(重要文化財)に囲まれた壮大な建築で、間口57m、奥行き50m、高さ48m。江戸時代の再建で創建時より間口が3分の2に縮小されているが、それでも木造古建築としては世界最大。

<夕食・宿泊>

10月1日(土)

<サステナブル建築>京(みやこ)エコロジーセンター
1997年12月に、「地球温暖化防止京都会議(COP3)」が開催されたのを記念して開設された環境学習と環境保全活動の拠点。建物には、太陽光発電、雨水利用、地熱利用、高断熱外壁をはじめ、省エネルギー・省資源型の設備を導入し、さらに、自然素材を生かした材料やリサイクル建材も活用されている。
参考ウェブサイトへ

<観光>金閣寺
足利3代将軍義満が建てた別荘だが、義満の死後に禅寺へと改められた。正式名は義満の法号にちなみ鹿苑寺。金閣寺の通称は、三層宝形造の舎利殿による。1955年(昭和30)復元の楼閣は初層が寝殿造、2層は武家造、3層は禅宗仏堂造。

  <昼食>
<観光>銀閣寺
室町幕府8代将軍足利義政が、祖父義満の建てた金閣寺にならって建てた別荘。義政の死後、禅寺へと改められ、慈照寺と名付けられた。現在で、通称・銀閣と呼ばれる観音殿(国宝)と東求堂[とうぐどう](国宝)だけが1482年(文明14)の造営当時の遺構。
<観光>清水寺
清水の舞台で知られる。778年(宝亀9)延鎮上人が音羽の滝の上に庵を結び、千手観音を祭ったのが始まり。断崖に立つ舞台造の本堂(国宝)は徳川家光が1633年(寛永10)に再建したもので、優美な寝殿造が踏襲されている。139本の柱が支える舞台からは京都市街を一望できる。
  <17:00 解散:JR京都駅>
解散後の予定につきましてはJTB(sb05@jtb.jp)にお問合わせ下さい