September 29, 2005 (Thu)
ロジャース, リチャード
(建築家、イギリス)
"Towards an Urban Renaissance"
"都市の再生へ向けて"

リチャード・ロジャース卿 プロフィール

リチャード・ロジャース卿 は現代を代表する建築家であり、数多くの賞を受賞している。1985年に栄えある英国王立建築家協会(RIBA)ゴールドメダル、1999年にトーマス・ジェファーソン 記念賞、2000年に高松宮殿下記念世界文化賞に輝く。1986年フランスでレジオン・ドヌール勲章を授与される。英国では、1991年にナイトに叙せられ、1996年に貴族に列せられる。1995年に建築家として初めてBBCの リースレクチャーを依頼され「都市、この小さな惑星の」シリーズを担当した。1998年に副首相から任命を受け、英国政府アーバン・タスク・フォースの議長を務める。


先頃、建築と都市生活に関し、ロンドン市長の最高顧問に任命された。また、バルセロナ市長が推進する都市戦略協議会の顧問を務める。これまでテート・ギャラリーの評議会会長、英国アーツ・カウンシルの副会長を歴任してきた。最近、ニューヨーク現代美術館の理事に抜擢される。

ロイズ本社(ロンドン)

代表作には「ポンピドーセンター」、ロイズ本社ビル「ロイズ・オブ・ロンドン」、フランス・ストラスブールの「ヨーロッパ人権裁判所」、ロンドンの「ミレニアム・ドーム」などがあり、先駆的な作品で知られる。1977年に事務所を設立し、現在ロンドン、バルセロナ、東京に事務所を構える。ヨーロッパ最大規模の建設地である、ロンドン・ヒースロー空港第5ターミナルとマドリード・バラハス空港という二大プロジェクトを現在手掛けている。その他にも、ロンドンの高層オフィスビル計画、アントワープの新しい裁判所、カーディフのウェールズ議会、バルセロナのホテルや会議場、グラスゴーの新しい橋などの建設計画に取り組んでいる。また、ロンドン、上海、ベルリン、フィレンツェ、リスボンの主要なマスタープランの設計コンペで優勝している。


主な受賞

ミレニアム・ドーム(ロンドン)
アントワープ裁判所
 
2000 高松宮殿下記念世界文化賞建築部門
1999 トーマス・ジェファーソン記念賞建築賞
1997 フレンド・オブ・バルセロナ
1996 英国 貴族に列せられる
1991 英国 ナイトに叙せられる
1989 アメリカン・アカデミー芸術文学協会 アーノルド・ブルンナー記念賞
1989 ドイツ建築家協会名誉会員
1986 フランス レジオン・ドヌール勲章シュバリエ章
1985 英国王立建築家協会ゴールドメダル
1984 英国王立建築家協会会員  
1984-87 国際建築アカデミー会員
  国連建築家委員会会員
  英国王立建築家協会 協議会・政策委員会会員
1983 フランス建築アカデミー会員
バラハス空港(マドリード)

BACK